青海薬石(Oumi Yakuseki)

姫川薬石に、「一緒にいたい石はある?」と聞いたとき、「青」と言われました。青い石なんて、この世にはたくさんあるので困りました。ラピスラズリとかアクアマリンとかラリマーなどの石を組んでみようとしましたが、どれも「違う」と言われます。困り果てている私に姫川薬石は、「糸魚川の海の、あの青」といいます。数日かけて探しまくった私がようやくであったのが、青海薬石でした。

青海石ともよばれているようですが、謎の部分が多すぎて、日本糸魚川翡翠協会でも紹介されておらず、鉱石図鑑にもない、謎な石です。なんとか手に入れた青海薬石を感じてみれば、確かに姫川薬石とは陰陽の関係にある石でした。

鉱石データ

名前・別名

英名:Oumi Yakuseki
和名:青海薬石

産出国

日本

青みがかったグレー

硬度

不明

鉱石メモ

姫川薬石はやや重ための石で、繊細ですが、青海薬石は軽めで傷もつきにくい爽やかな石
α波を出している
火山岩

由来

不明

癒しの意味と特徴

石のもつ癒しのパワー

調和、健康、心を穏やかにする

相性の良い石

姫川薬石

体への癒し

心と身体の統合を助けます
特に臍下丹田周辺の下腹部から背中にかけて、
喉周辺の甲状腺などの癒しを助けます

チャクラ

第三チャクラ
第五チャクラ

浄化・お手入れ方法

姫川薬石よりも太陽光や汗に強く、傷もつきにくいものです。

aoのおすすめ浄化方法

植物の近くにおく
さざれ水晶
月光

画像ギャラリー

関連記事一覧