クンダリーニとは?

日本のスピリチュアル革命は、確実に『オーラの泉』です。以降、山川夫妻やサンマーク出版やVOICE等、日本の精神世界の発展に貢献されてきた諸先輩方の尽力により、今、書店にもネットにもSNSにも、精神世界やニューエイジや形而上学的書籍が溢れかえるまでになりました。

とはいえ、やはりイギリスやアメリカの方が、精神世界の探求についてはより「進んでいる」というイメージがあります。子どもの頃初めて読んだ本に出てきた、「クンダリーニ」とは、いったい何なのか。本格的にスピリチュアルの道を歩み始めてわかった、クンダリーニをまとめ。

 

エネルギーを感じられること?

神社神域や、仏閣や、山中や海等で、「エネルギーを感じる」ことができることではないかと思っていましたが、そうではないようです。エネルギーの感受力は、例えば、レイキを始めとした、ヒーリングなどののアチューメントを受けること等で覚醒するはずです。ですが、これらはただ単に「エネルギーの流れを感じるところまで”戻った”」だけであり、クンダリーニではないようです。

プラーナとは?

クンダリーニを得たと話す人は、「プラーナ」という言葉を必ず使います。プラーナとは、光の雨のこと。この世界は、まるで金粉のようにいつもいつも、光の粉が降り注ぎ、降り積もり、そこら中に光が溜まっています。それが「プラーナ」です。ヨガ聖者やマスターと呼ばれる人たちは、この光をふんだんに吸い込んでカラダに取り込み、古いエネルギーを外に放出しているのです。このプラーナは、クンダリーニを感じるためになくてはならない、必須アイテムです。

プラーナは、この世界を創っているエネルギーであり、宇宙から降り注ぐエネルギーであり、植物たちの祝福のエネルギーであり、すべての生命の感謝のエネルギーです。私たちが、神社神域で祈った「素晴らしい毎日をありがとうございます」というエネルギーもまた、プラーナの一部となるものです。目に見えないエネルギーですが、私たちの先祖は皆、このプラーナを見ていたはずとされています。

 

クンダリーニとは?

クンダリーニは、プラーナを呼吸で取り込み、チャクラや臍下丹田のエネルギー状態を活性化させることで、天と地をつなぐ人となり、同時に、この宇宙のすべてと繋がることができる状態です。宇宙のすべてと繋がっているからこそ、人のエネルギーが見えたり、考えていることがわかったり、過去や未来を把握することができるようになるのです。

まるで何かの宗教みたいですが、でも本当なのです。自然とともに一体化して、本当の幸福を知った時、身体中にエネルギーがほとばしり、本当の愛を知り、全ては愛であったと知ることになります。それこそが、クンダリーニの正体であると私は考えます。

 

クンダリーニはおそろしい?

一度クンダリニーが目覚めるとそれを抑圧する行為は薬物以外による方法であっても死に至るという意見がある一方で、抑圧に半ば成功した事例もあり[8]、覚醒が本格化すると永続的で後戻り不能という意見もある。

Wikipedia

例えば、イエスやブッダ、空海といった「マスター」とよばれる存在の人は、クンダリーニに目覚めていたと考えます。頭だけ、知識だけでは限界があり、クンダリーニに目覚めて智慧を拝受しなければ、大きく世界を動かして人を導くことは難しいものです。あえて言えば、彼らは通常の人間でした。光輝いて何か特別な神々しい存在へと変貌を遂げたわけではありませんでした。

覚醒から「普通」に戻りたいのであれば、「普通」の呼吸に戻ればいい、真実の愛を捨てて、本当の幸福を捨てて、また以前の自分に戻ればいい、ただそれだけです。でもそれに、何の意味もないように感じますが…。

 

クンダリーニはヨガでも感じやすい

クンダリーニを感じるというか、体得というか、するためには、何もスピチュアルな何かをしなければならない、わけでは全然ありません。ヨガをしているだけで、身体が中心に戻り、身体に集中でき、深い呼吸とともにエネルギーを吸い込み続けるため、ヨガを続けていると、クンダリーニを得ることはできます。

感じ方は、人それぞれです。「体が温かく感じる」「頭の上がなんかピリピリする」「臍の下がピクピクする」等だけかもしれません。幸福を感じること、生きていることへの感謝が湧き上がってくること、すべての生命を大切に感じ、それと一体となる感覚を感じられること。それが得られたら素晴らしいですね。

 

ヒーリング・カウンセリングでお試しください

クンダリーニに目覚めるセッションを行ってはいませんが、遠隔ヒーリングやカウンセリングを受けていただく際、エネルギーを感じられるようになってきた、というお声もいただいています※。特に、遠隔ヒーリングは、神社神域に流れる天と地を結ぶエネルギーをお渡ししているので、御神徳が流れる分、レイキよりお得です(笑)
※もちろん、個人差はありますので、ご了承ください。

関連記事一覧