野菜たっぷりヘルシー・モロッコで食べたいお料理リスト

モロッコのご飯といえば、タジン鍋。栄養を逃がさない煮込み料理は、野菜たっぷりで胃にも優しく、東京でもしょっちゅう食べにいきます。あとは、ハリラスープ。こちらは、トルコのレンズ豆のスープと似ていて、ほっとする味。日本の味噌汁みたいなものだと想像します。他にはどんなものがあるのか?モロッコの豊かさがわかるお料理&ドリンクの数々をまとめてみました。

 

煮込み料理

タジン(Tagine)

定番タジン鍋

もはや日本でもお馴染みなので、説明は不要でしょう。でも、一応Wikipedia記事をメモ。モロッコに行くと、この鍋買って帰ろうかなって思うほどはまってしまうのですが、結局使わないんですよね。日本には、重ね煮という料理法がありますが、それにとても近くて、凝縮された野菜のうまみとオリーブオイルのさっぱりした油分がちょうどいい感じです。

タジンは、マグリブ地域の鍋料理。もともとは、料理の際に使われる陶製の土鍋のことを指した。 とんがり帽子のような形の蓋が特徴の独特な鍋を使い、羊肉か鶏肉と、香辛料をかけた野菜を煮込んだものをいう。 主にモロッコ・アルジェリア・チュニジアで食される。なお、チュニジアのタジン鍋はポットの形が違う。

Wikipediaより引用)

タンジーア(Tanjiya)

タンジーア

野菜とお肉とスパイスをオリーブオイルなどで陶器に入れてじっくり火を通す料理、タンジーア。お肉がやわらかくなって、スープにも栄養が溢れて、パンにあうんですよね。マラケシュでタンジーアを食べるなら、フナ広場の屋台か、レストラン ダル・ルッシーラ。有名店というだけでなく、モロッコ王室に料理を提供したことがある名店です。牛肉とチキンがあるようです。

ケフタ(Kefta)

ケフタ

ケフタは、モロッコのハンバーグ・ミートボールのこと。スパイスの効いたミートボールは、串にさして焼くケバブから、煮込み料理まで、幅広いラインナップ。お肉は、牛肉またはラム肉またはその合い挽き肉のどれか。個人的にお肉が苦手なので食べませんでしたが、一緒に旅した友人はハンバーグ最高!と言っていました。

 

パン&クスクス

コブズ(Khobz)

コブズ

コブズとは、モロッコの丸い食事パン。これがメインのパンなんですね。タジンやスパイシーな肉料理との相性が抜群になるようにつくられたパンは、手で食べるモロッコ料理に最適。ちぎりやすく、そして味が染み込みやすいパンです。中に隙間があって、スライスしてサンドイッチにするのも容易そう。

リガイフ(Rghaif)

リガイフ

ふわっと焼いた、丸い形のモロッカン・パンケーキは、どこからどう見ても最高においしそう。朝食として食べられることが多く、バター、蜂蜜、クリームチーズをたっぷり塗って食べるのが朝食の定番なのだと思います。ホテルの朝ごはんでも出てきますね。パンケーキにはたっぷりの蜂蜜、卵、オリーブ、サラダ、ミントティーを添えて、朝ごはんセットの完成です。

クスクス

クスクス

忘れちゃいけないクスクスは、小麦を小さく砕いたもの。お米っぽいのですが、食感がお米のようにヤワヤワではないのです。ほどよいパサパサ感は、タジンやタンジーアなどの煮込み料理と相性が抜群です。

 

スープ

ハリラ・スープ(Harira)

ハリラ・スープ

ハリラ・スープって、孤独のグルメにも登場してましたね。ビールの後には、ハリラが最高!でしたっけ?豆、お肉を煮込んだスープは、心と体をほっこりさせるおふくろの味。トルコのレンズ豆のスープが大好物な私としては、間違いなくハリラは大好きな味。

ベッサラ・スープ(Bessara)

ベッサラ・スープ

そら豆とにんにく、スパイス、バターを煮込み、最後にオリーブオイルをかなりタップリかけて食べる、定番の朝食メニュー。モロッコの平たいパンと一緒に食べます。上に1~2cmくらいのオリーブオイルが幕を張っているので、よく混ぜてパンに浸して食べます。どの国にもある朝食定番のスープですが、モロッコではそら豆を使うんですね。確か、町中にはベッサラ専門店があったような…。老若男女問わず、朝からお店に並んで食べていたのは、ベッサラスープのようでした。

 

ドリンク

アッツァイ(Mablebi Mint Tea)

アッツァイ

モロッコと言えば、タジン&甘いミントティー。モロッコのミントティーは、噂によると、お酒もタバコも吸わないモロッコ人を癒すものなのだとか。さっぱりとして心落ち着く甘さは、スパイスの効いたモロッコ料理の後にも前にも、朝にも昼にも夜にもぴったり。私は気管支炎もちで、日本でミントのハーブティーを飲むと咳が止まらなくなります。モロッコのこれは大丈夫でした。

フレッシュ・ジュース

ザクロジュース

オレンジ、ざくろといったようなフレッシュフルーツを、その場でぎゅっと絞って出してくれる、フレッシュ・ジュース。こんな贅沢、日本ではあまり考えられないところですね(特に東京では…)。お店や露店には、おじさんたちが必死で(?)一個ずつジューサーで手絞りしながら、フレッシュ・ジュースを販売。手で絞る圧搾機みたいな機械です。ジューサーというものは、モロッコにはない、というわけではなく、フレッシュジュースとは、本来これなんだよと教えてくれたお兄さんに、感謝でいっぱいになりました。

 

スイーツ

チェバキア(Chebakia)

チェバキア

モロッコのスイーツ屋さん・ペストリーに並ぶお菓子は、どれもツヤツヤしています。そう、とっても甘いスイーツは、断食のある中東各国では不可欠なもの。モロッコのスイーツは、蜂蜜、ローズウォーター、ごまが入っていて、シロップでコーティングされています。スイーツの種類はとっても豊富なので、見た目で気になったものは、ボックスに入れてもらってテイクアウトを。

サボテンの実

こんな見た目で…

むいたらこんな見た目

モロッコは、実はフルーツ大国なんです。日本でも食べられるフルーツたちですが、注目したいのは、夏(6〜9月頃)出回るサボテン・フルーツ。喉を潤すジューシーさで、町中で手に入るそう。私は冬しか旅したことないので、出会ったことありませんが、サボテンの果実って、どういう味するんでしょう。

 

お酒

レモン・ミントのカクテルが飲めます

モロッコはイスラム教国で、旅した時は、お酒もたばこもやらない、とおじさんが言っていたと思います。同じイスラム教国でも、トルコは人によってお酒もたばこも飲みまくりです。そんな中、マラケシュ等の都会では、メニューには、レモンとミントを使ったカクテルがあったし、モロッコ産ビールもありました。

カサブランカビール Wikipedia

こちらは、フランス統治下時代に、フランスの飲料メーカーCastel Groupによって製造されたもので、Spéciale Flag (ピルスナー) 、Stork (ラガー)、Casablanca(ラガー)と3種類あるうち、Casablanca(ラガー)が一番プレミアムなビールなのだそうです。お酒が好まれない国のビールですので、ビールが好きな方には、少し爽やかな味かもしれません。チャレンジしてみたい方は、JTB世界のおみやげやさんで1本ずつ買えます。

 

チャレンジしてみたいフード

バブーシュ(Babbouche)

バブーシュ・エスカルゴ

フナ広場で食べることができる屋台料理の一つ、バブーシュ。モロッコの靴バブーシュ(Babouche)とカタカナが一緒でややこしいですね。バブーシュは、クミン等のスパイスをふんだんに使ったエスカルゴ煮。日本でもサイゼリアの定番メニューエスカルゴは美味しくて、人気メニューの一つですが、このスパイス・エスカルゴは、ちょっと勇気がいります。まんま、かたつむりじゃないですか。銅が豊富に含まれているそうです。銅を摂取するのはなかなか難しく、身近なところだと、ココアからとれます。

 

モロッコ名産オリーブと、それにシーフードも!

モロッコのスークにて

スークなどでは、美しく三角錐に盛られたオリーブを見ることができますが、種類も味も豊富。スパイスの効いたオリーブまであります。忘れてはならないのは、モロッコは海がある国だということです。

モロッコの魚料理

新鮮なシーフードは、地中海・大西洋側で豊富に水揚げされるため、レストランでも食べることができます。お肉料理はとってもおいしいけれど、飽きてしまうこともあるので、そんなときはお魚料理でさっぱりいきたいですね。中東の魚料理は、揚げ焼きのようなものや、単純に塩振って焼いたものがほとんどで、イタリアンパセリやレモンを絞っていただきます。

 

 

パッケージツアーを調べる

まずは、ツアープランの参考となる情報や、相場を確認してみましょう。飛行機+ホテルのみの、個人旅行のためのパッケージプランは、個人で調べて予約手配するよりも格段に安くなることが多いものです。メリットとしては安くて手間がかからないこと。デメリットとしてはマイルが貯まりづらく、ホテルに制限があること、航空会社都合によるエコノミー→ビジネスへのアップグレードが無いことなどです。大手旅行会社で予約する時のメリットとしては、何かあった場合、現地代理店や海外支店等で迅速に対応してもらえることです。

日本発着の海外パッケージツアーを検索

JTB 近畿日本ツーリスト 日本旅行 阪急交通社

旅工房 H.I.S. クラブツーリズム

Yahaoo!トラベル ANAトラベラーズ JALパック トラベルコ

憧れの船旅へ

ミキ・ツーリスト ロイヤル・カリビアン

 

すべて個人で手配する

だいたいの相場が確認できたら、次に個人手配の相場を確認します。数万円くらいの違いだったら、断然自由度の高い個人手配で旅をしたいものです。マイルも貯まりやすいチケットを購入もできます。ホテルのキャンペーンや、航空各社の割引切符を使った方が安いこともあります。うまく情報を整理して、お得で充実した旅をしたいものですね。

格安航空券を検索

Skyticket(海外) etour Skyscanner エアトリ

ホテルを検索

Expedia Hotels.com agoda trivago

じゃらん(海外) アップルワールド ホテリア

レンタカーを一括比較

イージーレンタカー 楽天トラベル H.I.S.JCB

現地発着ツアーを検索

VELTRA タビナカ KKdayMAPPLEアクティビティ

RailEurope

 

Wi-Fiルーター&ケータイ

お仕事する方は、Wi-Fiルーター必須だと思いますが、電波状況がよろしくない場所がけっこうあって、持って行ってもあまり使わなかったりします。たまにSNSにアップするくらいなら、ホテルやレストランのセキュリティがあるWiFiで十分ですし、ケータイ会社の海外パケホーダイなどでも賄えます。写真や動画の容量に注意しなければいけませんね。

Global Wi-Fi イモトのWi-Fi

docomo au SoftBank

レンタルのモベル

 

旅の準備もお土産もネットでできる時代

日本でお土産を買うことができるのですが、少し高くて選択肢が少ないのが難点。利用するのは、お土産買い忘れちゃった時だけです。旅の準備はほぼほぼ、amazonと楽天で完了です。

 

スーツケースからお土産まで、ネットで揃える

Yahoo! amazon 楽天市場

HIS旅市場 三洋堂 JTBショッピング

旅の計画は口コミでたてる

TripAdvisor traveloco たびらく

クレジットカード苦手な方へ!カード会社のプリペイドカード

JTBVisaプリペイドカード JALウォレットカード

成田空港駐車場の予約(大手のみ)

SUNパーキング USAパーキング ABCパーキング 成田空港公式駐車場

 

渡航前に必ずチェック!空港・海外渡航情報
外務省・大使館関連

外務省海外安全ホームページ 在外大使館を探す

国内主要空港

成田空港 セントレア空港 関西空港 新千歳空港 仙台空港 福岡空港

関連記事一覧