• 涅槃経の『醍醐』究極の乳酸菌エキス:フローライト
  • HOME
  • 涅槃経の『醍醐』究極の乳酸菌エキス:フローライト

こちらのページは、参考となる文献から学んだメモ帖として使っています。一般には決して出回らない、健やかさと豊かさのひみつ、乳酸菌エキスのフローライトがとにかくスゴイ理由。
※効果には個人差があります。

「醍醐」といわれる「フローライト」誕生まで

大谷光瑞氏による発見

大谷探検隊という言葉を聞いたことはあったけれど、実際に何を探検したのか知らなかったのです。大谷氏は西本願寺の門主だった方で、涅槃経(ブッダの遺言のような書物)を翻訳する際に五味に関する梵字を見て、「牛より乳を出し、父より酪を出し、酪より生酥をだし、生酥より熟酥を出し、熟酥より醍醐を出す。醍醐は最上なり」と科学的解釈を導き出し、その後中国にて醍醐の抽出に成功します。

正垣一義氏による確立

大谷氏に師事した正垣氏は、大谷氏の乳酸菌エキス培養の技術を確立させた方です。国会で「味のちえ」なる乳酸菌エキスについて発表をしています。その「味のちえ」がこのフローライトという名前に変わって販売されているものです。

万病は腸から

数年前、NHKスペシャルで特集された腸内フローラの番組を観て衝撃を受けました。マクロビオティックなど他の食事法や自然療法でも、造血は腸で行われ、腸は第二の脳であり、独立した重要な臓器であるとされていたのは知っていましたが、腸内細菌が万病の元であり、その人の性格まで作っていることを、今でも少し信じられない気持ちです。

腸内フローラについては、とてもまとめきれませんので、下記リンク先のページにまとめて書いています。お時間があればお付き合いください。

腸と乳酸菌と腸内フローラの「ものスゴイ」関係のノートを見る

藤田紘一郎先生が技術参与に就任

乳酸菌生活は医者いらず』など、多数の著を残されている藤田紘一郎先生。一度でも病になったり、自分の身体に興味を持っている方や、自然療法を学ぶ人なら、知らない人はいないであろう方ですね。藤田先生は、このフローライトを販売しているサンテクレアール社の技術参与に就任されています。藤田先生が書かれた著書『乳酸菌生活は医者いらず』の中に、生きた乳酸菌より死んだ乳酸菌のほうが大切な理由や、乳酸菌エキスが素晴らしい理由が記載されています。ヨーグルトが大好きな私としては、驚きしかなかったのですが。

乳酸菌と乳酸菌エキスの違い

乳酸菌とは?

乳酸菌は、こちらのノートに書いた「腸能力」を高めるスゴイ存在です。第二の脳ともよばれる腸の能力を支えてくれる菌(有用菌)の代表格が乳酸菌です。残念ながら口から入れても、強力な胃酸や胆汁などによって死滅してしまい、腸までほとんど届くことはない為、最近では「生きて腸まで届く乳酸菌」などが発売されていますね。これで摂取できたとしても、腸能力を支えるためには、大量の乳酸菌接種の必要がありますが、それでは栄養価が…カロリーが高すぎるという問題点が出てきます。届ける方法として有用なのが、「乳酸菌生産物質:乳酸菌エキス」です。

乳酸菌エキスとは?

大豆を培養地にして、厳選された12種類の乳酸菌と4種類の酵母とを共棲培養した結果の分泌物です。この方法は上で書き留めた正垣氏によって確立されたものです。

乳酸菌の秘めたるパワーは、飲んだ人にしかわからないかもしれません。言葉にすると、生命力増強、免疫力活性化、成長促進、抗酸化、抗腐敗、意識清明化、生理機能調整調和などとされています。分子・原子レベルまたはそれ以下で働くとされています。

納得です。←独り言です。

フローライトを飲み続ける効果

「乳酸菌エキスをとったらこうなる」をまとめ

腸内に入ったらまずすることは、腸内常在菌とよばれる腸内フローラに対して、整理整頓を開始

善玉菌とよばれる有用菌が優位になるよう、働きかける

腸内の浄化が進んで、血液をはじめとする体液すべてがきれいになる

体液がきれいになったら、あらゆる細胞は生理機能が活性化して、本来の力を取り戻す

本来の力を取り戻すと、自然治癒力があがる

というわけです。

例えば、こんな効果があった人がいます

これは一例で、全ての人がこうだという立証はできません。

・アトピー性皮膚炎
・喘息
・肝臓病
・腎臓病
・高血圧
・糖尿病
・リューマチ
・がん

白血病や老化、がん・ポリープ、認知症を生み出す物質を外に出す作用があり、「排泄食品・自立食品」とも呼ばれています。そして、閉経後の女性ホルモンは腸で造られるといわれていて、更年期を迎えた女性にはとても大切なのです。免疫をあげるには、善玉菌の死骸であるペプテドグリセンという物質の生成にも、一役買っています。善いことづくめすぎて、「本当に?」と疑いたくなりますね。

フローライトを飲んで生まれた子は、「フローライト・ベイビー」と呼んでいます。羊水を綺麗にするといわれ、アトピーや障害を持った子が生まれないとされていて、実際に多くの方が喜びの声を寄せているようです。乳酸菌エキスは薬ではなく、若い人からお年寄りまで、世代や性別を問わず、誰にでも取り入れることができる、身体の中の生命エネルギーの一部となって働く究極の食べ物です。

幸せ物質「セロトニン」をつくりだす

エセ・ベジタリアンの私は、まんまと自律神経失調症と鬱になりました。お肉や赤みの魚の摂取が不足していると、セロトニン不足となって、鬱になりやすいとよく言われていますね。ところがこのセロトニンは、フローライトを飲むことでもつくられるものです。乳酸菌エキスには、菌がいません。つまり、動物性のものは一切ないと言えます。動物性のものを摂取したくない方には、とっても朗報です。

化学薬品・薬との違い

体の中に元々無いものを摂取した場合、化学反応が起こります。この化学反応が副作用や再発を生む結果となります。一方で、身体の中に元々あるものについては、生体反応が起こります。生体反応は自力で治そうとする反応であるため、副作用や再発がありません。

トクホ申請しない理由とフローライトの安全性

画像:Wikipedia

フローライトは、乳酸菌エキス、クエン酸、酢酸でつくられています。医薬品が受ける安全基準検査に合格しているので、トクホでも良いのですが、トクホにすると文句が限られるなどのデメリットがあり、申請をしていないそうです。

・急性毒性検査(量的なもの) 一度にたくさん飲んでも問題がない
・亜急性毒性検査(時間的なもの) 取り続けることによって体に変化がない
・変異原性毒性検査(他の食薬品との相性) 他の食品、薬との食べ合わせ問題ない

検査機関:財団法人日本食品分析センター、株式会社東レリサーチセンターなど。

2001年~2003年にかけて、5つの学会で学術発表しているそうです。

サンテクレアール社

フローライトの製造・販売は、サンテクレアール社がおこなっています。ちょうど今年で30周年を迎えたそうです。

一般販売しない理由

フローライトは、一般的な流通経路をたどって販売意する形式をとっていません。人から人へと伝わっていく、ネットワーク形式で販売しています。心が温かく豊かになる、本当の意味での「豊かさ」は人から人へと伝わっていくということを、本当に本氣で大切にされているのだと思います。最上の質のものは、最上の方法で、大切に、人から人へと伝えていくべきもの…。

残念ながら、フローライトに限らず、心と身体と地球に本当に良い物は、通常のルートでは出回らず、ネットワークビジネスの形式で流通しているのが現状です。通常の流通経路を経て、ひろく消費者に行き渡るようにするためには、安い原材料を使うなどの、それなりの努力が必要です。

健康に氣を使っている人たちほど、豊かです。豊かな人たちほど健康に氣を使っています。その人たちは、互いに与え合い、与え合っています。それは大きな輪をつくって広がるネットワークです。そこに入るか入らないかは、人生を大きく変えていくかどうか、という観念にも関わってきます。その人たちにとっては、より豊かな人と出会うことができるチャンスでもあります。

私もかなりネットワークビジネス=この世の悪、くらいに思っていましたが、輪を作って広がっていくSNSのような繋がり方は、感動が感動を生み続け、本物の製品を通じて繋がり続ける、素晴らしい仕組みです。

 

心と意識を癒し、身体も癒す

フローライトと合わせて、カウンセリングを受けていただくといいかと思います。意識の力は強大です。いくら、「そんなにいいものなら、飲んでみよう。そして、病をフローライトで治すぞ~!」という氣合いを入れていても、無意識や潜在意識に組み込まれた記憶が治さない方向に引っ張っていれば、治るものも治りません。それだけ、心・意識の力は強いものです。すべては自分自身が、本当に治したいかどうか、本当に善き方向に向かいたいかどうか、にかかっています。

逆に、先にフローライトを飲んでいただき、効果が実感できない場合、カウンセリングも受けていただく、というパターンもあります。いずれにせよ、一人で頑張らないでください。家族で抱えこまないでください。私と、私を支えてくれるたくさんの仲間たちが、一緒になってあなたをサポートすることができます。お氣軽にご連絡ください。

輝く仲間に会って支え合う悦び

フローライトは、全国で20万人以上の人々が飲んでいます。そして、みんな仲間です。どの人も、それぞれの人生において輝いて生きています。そういえば、こういうキラキラした話って、私は元々大嫌いでした。自分が悩み抜いて、どうしても治したくて出会った人たちに、そしてそのフローライトの清明さに、本当に驚きました。自分らしく生きている人は、オーラがキラキラ輝くんです。見ていて「あぁ、なんかこの人は人生を楽しんでいる」とわかって、傍にいるだけで嬉しくて幸せで楽しくなりました。

この楽しさや幸せは、周囲に伝染していくって感じています。以前のネガティブだった私が変われたのは、自分の意識を見直すと同時に、腸内環境を整えてきたからだと思います。そして、かけがえのないメンターとなる人々がたくさんいることを、みなさんに知って欲しいですし、たくさんの方に仲間になって欲しいなと、本氣で思っています。

定期的に、フローライトについてもっと知って欲しいというイベントがあります。氣軽に参加できて、フローライトってどういうものか、知ることができます。参加費は無料です。フローライトを買わずに、雰囲気だけ楽しみたくて参加している方もいらっしゃいます。お氣軽にご相談ください。

自然治癒力があることを信じ直すということ

私たちには、治すべき、やるべきすべての力が元々備わっています。自分で自分を治せるはずですが、病になると気弱になったり、誰かや何かのせいにして、自分ではどうすることもできず、病の被害者へと陥ります。私が実際そうで、しかも生まれてこの方ずっとそうでした…。でもそれは、単に自分の事をちゃんと知ろうとしていなかっただけでした。本当に私たちには力があったのだということを、忘れそうになっているだけだったと本当に思います。

人は、自然から離れれば離れるほど、力を失って病になります。忙しい現代、ストレスや疲れはたまって、無理して頑張って稼いで、人間関係に疲れたり、食事は簡単にとか、手軽にとかで、少しおろそかになったりして、バランスを少しずつ失っていることが多いものです。私も東京に来てからコンビニばっかりでした…。私たちが自然に立ち返れば、自分が本当に何を欲していたのかがわかります。頭の中で考える必要はなかったんですね。自分の腹に尋ねるのです。「脳はバカ、腸はかしこい」とは藤田先生の言葉ですが、頭であれこれ考えても自然に立ち返ることはできないので、本当の自分を見つけて、本当の自分と相談しながら生きていくことが必要です。特にこれからの時代、寿命に関わる生き方です。フローライトはそれを可能にしている、世界でも数少ない貴重なものです。

私はリンゴが食べたくなりました

腸内環境が整って、善玉菌が優勢になってくると、善玉菌のエサになるものを食べたくなります。悪玉菌が多いと人生そのものの運が落ちていきます。フローライトを飲んで腸内環境を整えることは、自然の摂理に戻ることであり、運が良くなる人生への近道でもあります。

お問い合わせ

フローライトについてご興味やご質問などがございましたら、何でも結構ですので、ご連絡ください。
「カウンセリングを受けるまでもない、ちょっとだけ相談したい」という方でも、近くの喫茶店でお話をしたりしています。

下記お問合せフォームをご利用ください。
※受信拒否設定のご確認をお願いします。
※翌日まで必ず返信しています。
返信が無い場合は、メールが届いていないと思われますので、
お手数ですが、healingspaceao.snow☆gmail.com(☆を@に変えてください)までご連絡ください。