糖尿病を自然療法とスピリチュアルな観点からまとめ

身近な家族が糖尿病になったことを機に、糖尿病とは何だ?ということを、スピリチュアル(精神)的観点から探求してみました。大好きな食養生を、日本的、インド的、精神的観点からも調べてみたので、まとめ。

 

糖尿病の自然療法

糖尿病になったのは、私のパートナー。平常時は80を下回る血糖値は、空腹時に200超過まで急上昇し、倒れることもしばしば。けっこう、危険な状態です。彼はビールが大好き。イスラム教徒ですが、飲酒が許されているトルコでは、ラマザン期間などを除けば特に問題ありません。忙しさにかまけて、運動もしていなかったことも要因で、確かに太ってはいたようですが、私からみればさほどではありません。

 

アーユルヴェーダな観点からの糖尿病

アーユルヴェーダバイブルによれば、元々ピッタ(火)体質の彼が糖尿になるのは、カパが増加しているから、ということになる。カパをを減らす食事を心がけることが推奨されている。甘い物や果物や種子やオリーブオイルやサラダ脂を極力とらないこと。とってよいのは、オーツ麦やライ麦、蕎麦、肉、豆、スパイス。油・甘い物・果物といった、一般的にも言われているような、糖尿病によくない食事で、かつマクロビオティック的に陰性と判断されるような、カパを増加させるものは食べないように、とされている。特段、発見はないかも。

 

自然療法な観点からの糖尿病

糖尿病の原因は肝臓・脾臓にあり、肝腎を休ませることにあるとされています。動物性食品をやめて、玄米菜食に切り替えることはもちろんで、甘みは、かぼちゃと小豆の煮物などからとること、玄米にはあわを混ぜてたくこと、飲み物ははと麦茶がよいこと、根菜の繊維質は肝腎を助け、海藻に含まれるカルシウムやゴマがよき働きをする。全体的に、王道の玄米菜食をしていれば良さそう。でもこれは、トルコ料理以外を受け付けないトルコ人には無理といっていい。私は平気だけれど。

 

スピリチュアルな観点からの糖尿病

スピリチュアルに見れば、糖=愛と感じ取ります。愛を体が受け入れられない(糖を体がうまく処理できない)時、糖尿病は発生します。人によってもちろん差異はあるとは思いますが、おおむね、愛を勘違いしていたり、愛の需要と共有のバランスが崩れていることが主な原因です。『こころを癒すと、カラダが癒される』の中で、著者であるチャック・スペザーノ博士は、糖尿病についてこのように書いています。

からだが糖を有用な形にかえることができないということは、愛はあっても、それを十分に受け取り、体験することができないということです。愛のある、慈しみのある人間関係を持っているかもしれませんし、愛にあふれた家族の一員かもしれませんが、どうしてもその愛を深いレベルで感じることができないか、感じることに消極的なのです。

心の問題は、身体の問題に直結するものです。

 

具体的な対策

対策その①お茶

桑の実

アカシックレコードリーディングに繋がって見たところ、糖尿病に効果があるだろうと見たのは、桑茶です。グァバ茶とか、バナバ茶もある中で、桑の葉が一番効能があるように思えます。桑の葉に含まれる自然由来の成分が糖の代わりとなって働き、食事から吸収した糖分をおさえてくれる為、血糖値は上昇しにくい、というものでした。

桑の木

桑って、御蚕さんが食べる葉っぱというイメージでしたが、調べてみると、人間にもものすごい恵みだらけの植物です。食前に飲むことで、1-デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が、糖の吸収をおさえます。さらに、便通改善まで期待できる優れもの。早速、島根県桜江町桑茶生産組合さんで購入。

お試し用1,000円の商品

独特の臭みなどもなく、飲みやすいお茶です。アイスでもホットでもOK。それに、桜江町桑茶生産組合さんは、直筆で「お身体ご自愛ください」とまで書いてくれる、仏のような対応でした。

 

対策その②パワーストーン

巨大なブレスレットに…

ストレスはどの病にも大敵です。そして、そのストレスのたまり方は人それぞれ。パートナーの場合は、邪視からくるものであった為、マラカイトのブレスレットをつけてもらいました。腕周り27cmって、巨大すぎる…。

 

対策その③呼吸法

呼吸で肺に愛の花咲かせる~

呼吸は、意識と無意識をつなぐ大切なツールです。そして、心を落ち着かせ、感情の高ぶりを鎮める重要な悟りの道具です。光を呼吸しリリースする呼吸法は、誰もができて、誰もが健やかになれるお勧めの方法。光の呼吸については、『アカシックレコードで人生を豊かにする』をご覧ください。

 

改善してきた糖尿病

一時期は、家族全員で心配した彼の状態も、最近は落ち着いてきています。病は心の状態とはいえ、周囲にもしてあげられることがあります。私をはじめ、周囲にも問題がありました。こちらも忙しさにかまけて、彼の状況を見て見ぬふりしてきたところがあります。ちゃんと寄り添って一緒に考え、進んでいくその想いがちゃんと伝わったのか、彼は会社の従業員たちや、家族・友人に対する態度や言動を改めて見直していき、少しずつ改善につながったようです。

とはいえ、コロナ禍の中であっても、毎朝のウォーキングとストレッチ、食事制限をきちんとしていたようです。今は「イライラすると血糖値があがる」と言っています(笑)

関連記事一覧